« 国家公務員ボーナス、減額へ…47年ぶり | トップページ | <辺野古滑走路>1本案だと埋め立て25%減…日本側試算 »

<はやぶさ>カプセル、11月以降に全国で展示…副文科相

 7年間の宇宙の旅を終えて帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが11月以降、全国の博物館や科学館で巡回展示されることになった。7月末に初公開された相模原市立博物館で最大4時間待ちの大人気となったためで、中川正春副文部科学相が4日の会見で明らかにした。

【写真特集】小惑星探査機「はやぶさ」 地球へ帰還

 展示されるのは、小惑星イトカワの物質が入っている可能性がある容器部分を除いた、カプセルの耐熱カバーやパラシュート、試作機など。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が8月中に応募要領を決めて展示を希望する施設を公募、10月中に貸出先を決める。

 中川副文科相は「子供たちの夢をかき立てる効果も出ている。できるだけ多くの地域に巡回したい」と説明。JR東京駅前にある同機構の広報施設「JAXA i」を廃止する方針にも触れ「国費で蓄えた物は自分の所で展示するだけでなく、地方の博物館と連携して活用する発想が大事だ」と述べた。

 相模原市立博物館には2日間で約3万人が来訪。JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)でも6日まで展示中で、1日には天皇、皇后両陛下が視察した。15〜19日には東京都千代田区の丸の内オアゾ1階「○○広場(おおひろば)」でも展示される。【山田大輔】

ご案内 Japan With Love.comで世界中に友達を作ろう!! 世界に友達を作ろう! 外国人の友達、語学学習、語学交換など世界中の人たちがあなたを待っています! http://japanwithlove.com


« 国家公務員ボーナス、減額へ…47年ぶり | トップページ | <辺野古滑走路>1本案だと埋め立て25%減…日本側試算 »